概要 | 定義 | 役員一覧 | 組織図 | 今期のテーマ | 5原則

ドラッグストアの定義

 

【ドラッグストアとは・・・】
       
  ドラッグストアとは、医薬品と化粧品、そして、日用家庭用品、文房具、フィルム、 食品等の日用雑貨を取扱うお店というように、日本チェーンドラッグストア協会では 考えています。 実際、ドラッグストアとはこういものだという定義は、国や行政でも定めたものはあ りません。 一つはっきりいえることは、ドラッグストアは、健康で美しく、しかも日々の生活に 欠かせないさまざまな商品を置いているということです。少なくとも「くすり屋さん」 とか「化粧品屋」といったお店とは明らかに異なっていることはおわかりになると思 います。 健康で美しく毎日を豊かに暮らしたいという皆の願いからできたお店ということがい えると思います。
       
【ドラッグストアのはじまり】
       
  ○ドラッグストアのスタート
    ドラッグストアが日本にできたのは、今から30年ほど前といわれています。 従来まであった薬局・薬店いわゆる「くすり屋」さんとは異なった今のドラッグスト アですが、これは米国のドラッグストアを模倣したものです。 今でも、ドラッグストアを始め、様々なお店を研究に米国へ視察に出掛ける企業が多 く見られます。
       
  ○ドラッグストアブーム
    15年ぐらい前から薬、化粧品そして多くの雑貨(日用家庭用品、文房具など)を取扱った比較的大きなお店ができてきました。 店内も綺麗で明るく、数多くの商品が置いてあり便利でしかもこのお店は若い世代や主婦の評判となり、ドラッグストアブームが起こりました。 健康でありたい、綺麗でありたいという人々の要望を満たすことができたからです。 そして、こうしたお店が都心や郊外の住宅地などにどんどん出来てきました。
       
  ○現在
    ただ便利で安いお店から、これからの時代(少子高齢化時代)、地域の人々の健康と美容を担うお店として一層の専門性が要求されています。 そして、それに応えるべく、JACDSができたといっても過言ではありません。