協会活動の5原則

この5つの原則は、日本チェーンドラッグストア協会設立にあたり、
発起された方々によって確認されたものです。
一般社団法人設立の際にも改めて確認が行われました。
協会活動は、永くこの原則にのっとり、社会・業界の発展に貢献するものとします。

この5つの原則は、
日本チェーンドラッグストア協会設立にあたり、
発起された方々によって確認されたものです。
一般社団法人設立の際にも
改めて確認が行われました。
協会活動は、永くこの原則にのっとり、
社会・業界の発展に貢献するものとします。

1. 民主的な組織と運営を貫くこと

この協会の組織や運営には、協会の目的達成以外の論理や秩序を持ち込むことなく、さらには会員の派閥や覇権争いの場と化すことなく、各会員の意見集約とその具現化の場として民主的な運営に努めること。

2. 論議の場であること

この協会は、様々な案件や建議について多くの人々や関係者、有識者の意見を交換する議論の場であること。

3. 会員は協会の目的達成のために力を合わせること

協会の民主的な手続によって決定された事柄に関して、会員はその実施に当たり絶大な協力を行なうこと。

4. 正義を貫くこと

この協会の運営に係わる事柄は、特か損かで判断・意思決定するのではなく、社会的に正しいか否かで判断すべきである。この協会は常に正義を貫くこと。

5. 志高き人々の集団たれ

この協会は、より良い社会、より良い業界、より良い企業づくりに貢献したいと願う、志高き人々の集団であれ。